top of page
  • Asaka OSANAI

シロチドリとコアジサシ

理事長は今日も調査のため、砂浜へ。

以下、本日のレポートです。




残念ながら、コアジサシの姿は無し。

シロチドリの番(つがい)を確認、ハシボソガラスが3羽もいました。

シロチドリもコアジサシと同様に環境省絶滅危惧Ⅱ類です。



シロチドリはコアジサシのように集団での営巣はせず、

それぞれの番が分散して密かに営巣をするのですが、コアジサシが集団営巣(コロニー)した場合、

ちゃっかり、コアジサシの営巣内で繁殖活動します。

これは、コアジサシの天敵に対する防衛行動に期待する、営巣箇所が

多ければ生き残る可能性が高いとのではと言われています。

 


大胆に近づくハシボソガラス。。がんばれシロチドリ!



シロチドリが25日に皆さんが砂浜に設置したデコイ周辺にいたので、

コアジサシのコロニーができていると思い、今後コロニー周辺での営巣の可能性が出てきました。

コアジサシ同様にシロチドリ営巣の調査も続けます。



ひきつづき、コアジサシとシロチドリのお知らせをお届けしてまいります。






0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page