top of page
  • Asaka OSANAI

6/1 コアジサシの飛来

更新日:6月2日

皆さまへ、ちょっと良いお知らせです。

梅雨入り前の、すごしやすい貴重な季節、コアジサシの様子を見に行ってきました。




今日は風が強くて、玄界灘は白波がたっていました。

こんな時、風で望遠鏡がガタガタするので、三脚の性能がいかに重要かを感じます。


洋上にオオミズナギドリの群れはあるものの、コアジサシはおらず。

5/27に報告したシロチドリのつがい シロチドリとコアジサシ (npo-fwcrg.org) は、

ハシボソガラスにおそわれたのか、いったん諦めた様子です。

まだ繁殖期の始まりですので、再び試みるのに期待しましょう!


通常、梅雨明け前は博多湾側で営巣し、梅雨明け後は玄界灘(海中デコイ設置場所)で

営巣する傾向ですので、これからも調査は継続します。


期待をこめて博多湾を確認に行きました。砂浜は生命の気配が感じられず静かでした。

以前は、紙吹雪を散らしたようにコアジサシが飛ぶ姿が見られたのですが、

数年でこんなにも変わってしまうとは、、

それだけ危機が迫っているということなんですね。


ジリジリ焼ける砂浜を、目を凝らして探していると、

キリキリッという鳴き声と共にコアジサシが頭上に現れました。あいさつに来てくれたようです。



被写体が早すぎて、小さすぎて、、必死の写真。。


砂浜に一瞬、降りたところ。



コアジサシは、砂浜と海の上を行き来しながら、ぐるぐる旋回しています。

まだ飛来したばかりのようで、繁殖場所にふさわしいか環境を確認しているみたいです。


しばらくすると、オスがカタクチイワシをくわえて、メスを追っていきました。

ペアリング、これから子育てがうまくいきますよう、頑張って!!


今後もようすを紹介していきます。応援よろしくお願いします。
























0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page